あけほのむらさき手帖

いと白く清げなる紙ほの光り花鳥うたふ旅にいざなふ

みどりなるひとつ草とぞ春は見し

みどりなるひとつ草とそ春は見し秋は色ゝの花にそ有ける 

(245古今秋上) 読人不知

「緑」と「色色」、「草」と「花」、「春」と「秋」という細やかな対。春の花は、梅や桜など木の花が代表格であるが、秋は木の葉が紅葉して、草の花の方に目が行く。(高田古今 135 頁)

 

©akehonomurasaki